「ハッピーヴォルテックス 今月のテーマ(4月)」の体験を一部紹介します。

 

4月のテーマ「ステージが変わる時」
派遣されたスピリチュアル存在 7の評議会

4月のハッピーヴォルテックス宅配便はハプニングに見舞われる方が複数いました!

ハッピーヴォルお届けの翌日〜1週間ほどの間に「子どもが発熱しました。」「深刻な夫婦喧嘩になりまして‥」などの穏やかでないご報告を次々といただき‥

スピリチュアル存在に確認すると「それらはもともと起きる予定の出来事です。彼らの魂は、ある目的のため、その出来事(ハプニング)が発生するタイミングに合わせて今回の申込をしています。」ということでした。
これは魂のレベルで計画していることなので、ご本人たちにそんなつもりはなかったと思うんですけどね。

目的というのは、「その出来事を通して、新しいステージに進むために必要な気づきを得ること」であり、7の評議会は「その気づきを得るためのお手伝いをしています。」ということでした。

このような気づきの報告をいただきました。

「◯○(←新しいステージ)に意識を向けるって事を全然してなかったなーって、思いました!」

「優柔不断なパートナーに苛立ちや不満を感じていたのですが、同じものが自分の中にあったことに気がつきました。自分の中に新しいステージへの恐れがあり、パートナーはそれを見せてくれていたのだと。」

「過去への執着が根強く残っていたことに気がつきました。手放します!」

お申込者全員に一斉にハッピーヴォルをお届けする「今月のテーマ」はお申込者全員がひとつのグループとしてのパワーをもちます。
お互いに顔も名前も知らなくても、魂のレベルでは同じサークルに入って一緒に活動しているような感じなのです。
グループ内の誰かに気づきがあると、エネルギーの連鎖で他の誰かにも気づきが起きたり、偶然、同時に似たような体験をしていたりします。
みなさんのご質問や体験を伺っていると、とても楽しいです。

とはいえ、新しいステージに向かう際に、特に軌道修正の必要がない方の場合は、上記のような「気づきを得る」体験ではなく、まったく違う体験をしているかもしれません。

4月のハッピーヴォルテックスをお受け取りになった方は、まだまだ体験を楽しんで下さい!

ハッピーヴォルテックス宅配便 詳細ページ >